平成10年7月4日(土)

場所 山形県荒川支流、福島県??川
天気 雨一時曇り
気温 ?度
水温 ?度
釣果 4匹(イワナ22cm〜25cm)
 
タックル ROD  ハンソン7ft#3
     REEL ハーディJLH#234

寒河江川で釣りをして翌日、村上付近で車中泊して目が覚めたのが8時少し前、昨日の大雨は止んでいるが空はどんよりと雲っている。R7を左折して三面ダム方面に向かう。ダムに着いた時には再び雨が降ってきた。時間と天候から三面川での釣りはやめ峠向こうの荒川まで行く事にする。しかし、来る時には気が付かなかったが、ダム工事のため数日前から峠を越えるまでの道は通行止めになっている。村上まで戻って国道で行くには距離がかなりあり、時間もかなりかかるので取り合えず行ける所まで行ってみようと思い車を走らす。結果はなんとか車で峠を越える事はできた。(今は多分通行止めだと思います。解除は2〜3年先だったと思います)

荒川までの途中で少し釣りをしようと準備をして入渓すると、雨が急に強くなり川が10分もたたないうちにいきなり水が増えはじめる。これはヤバいと思い川から急いで川から上がると一気に30cmくらい増水した。ほんとにヤバかったと思い、釣りをやめ山を降りていく。車を走らせているとニュースのなかで国道を境にして反対側にある玉川の支流で鉄砲水が発生して人が流されて行方不明になったといっている。こんな近くで鉄砲水がおきたら、またどこで起きるか分からない。自分も流されたらたまらないのでこの周辺での釣りは諦めR113に出て米沢方面に向かう。車を走らせながらいろいろと川を見て回るがやはり雨の影響で釣りが出来そうな場所が見つからない一気に福島方面まで行く事にする。

R121を走っていると国道沿いに川が流れている。気にはなるが多分濁っているだろうと思い車を走らせる。さらに進むと道路に沿って川の水が見える。川は濁っていないみたいだ。もしここで釣りができればやろうと思い車を停められ川に降りられそうな場所を探す。車をおり川を見ると水も濁りはなくクリアーである。

時間は午後4時、雨も今のところは降っていない、ここで暗くなるまでの2〜3時間釣りをする事にする。(漁協の方すいません入漁券は購入してません)

川の流れは水量は少ないが雰囲気的には魚がいそうないい感じの川である。少し釣り上がり流れの瀬にフライを流している時に小さい魚が飛び出してくる。取り込むとチビサイズのイワナである。その後も数回チビイワナが出てくるが、そこそこの型のイワナが出てこない。そんな釣りをしているうちにテトラで護岸された水深のある流れのポイントに出る。テトラ脇にフライを流すが反応はない。ポイントをひとつずつ攻めていき、テトラの最上流部の流れがテトラにぶつかりよどみが出来ているところにフライを落とした時、魚が水面を飛び出て勢いよくフライにアタックしてくる。しかしフッキングしない。もう一度フライを流すが出てはこないので時間もない事から上流に行く。しばらくすると堰堤が見えてきたのでそこまで釣り上がる事にする。その途中にもところどころにいいポイントはあるのだが魚は出てこない。堰堤まで行くと堰堤下は浅くて釣りにならない。辺りは少し暗くなってきたので、イブニングライズを狙うため途中にあったテトラのあるポイントまで戻りそこで待つ事にする。

テトラのポイントまで戻ると先程魚が出てきたが釣れなかったところでライズをしている。今度は慎重にテトラ脇にフライを流すと1発でヒット!魚の型は少しはよさそうである。慎重に取込もうとして魚とのやり取りをしている時に痛恨のバラシ! ショック! このバラシで今日の疲れがどっと出てくる。しかし、まだ時間はあるのでまたライズがおきる事を願いしばらく様子を見るとすぐに次のライズが始まった。さらに続けて2ケ所程ライズがおこる。今度は慎重にフライを流すと今度も1発でヒット!今度はバラさないように取込む。25cmの綺麗なイワナである。やっと釣れた。今日1日を思い起こして釣りが出来ただけでも良かったのに綺麗なイワナも釣れて本当に良かったと感じる。さらに他のライズもなんか不思議なくらいうまく釣る事ができた。結局このポイントのライズで25cmを筆頭に合計3匹も釣ってしまった。すべてのライズが恐ろしいくらいうまく釣れすぎたので、ライズも無くなった事だし反動が恐いので欲を張らずここで釣りを終える。

夜、喜多方を抜けR121にて会津田島まで行き明日の釣りに備える。

本日の釣果 4匹(イワナ22cm〜25cm)

釣行記1998に戻る

釣行記に戻る

home に戻る

.